2017年5月29日

You are here:  / 宗教から考える!日本人に嬉しい結婚式場選び

宗教から考える!日本人に嬉しい結婚式場選び

西洋式の結婚式は難しい場合

戦後の日本では西洋式の結婚式が一般化し、多くの夫婦がキリスト教の教会を使って挙式します。一方こうした結婚式は多分に宗教的なものであり、無宗教の日本人にとって馴染まないと考える方もおられるものです。できるだけ無宗教の人が結婚式を行なう場合、どのような式場を選ぶのが良いのでしょうか。例えばゲストハウスを貸し切れば、チャペルを使わずに挙式する事も可能です。チャペルにはガーデンから広間まで多様な場所がありますので、人前式を行ないましょう。

和風の結婚式を選ぶ事も大切

また無宗教ではないけれどキリスト教以外の結婚式を行ないたい場合、和風の結婚式場を選びましょう。仏式であればお寺で挙式できますし、神式であれば神社が存在しています。こうした場所で挙式する場合チャペルを利用するよりも安上がりに借りられる点が魅力的でもあります。一方西洋文化が一般化している日本では、結婚式にウェディングドレスを着用したいと考える花嫁もおられるでしょう。こうした花嫁に配慮して中にはウェディングドレスで挙式できる神社仏閣も存在しているのです。

伝統を考えた結婚式場

戦前の日本では教会を使って挙式する伝統がありませんでした。一方神社を使用するのも明治なってから生まれた文化であり、江戸時代では実家で挙式するのが普通だったのです。日本の伝統的な結婚式は披露宴のようなセレモニーがメインであり、その場で夫婦がこれまでお世話になった人達に感謝を伝えていたのです。日本の伝統に立ち返る場合、自宅を結婚式場にするのも良いでしょう。あまりお金をかけずにカジュアルな結婚式を行なえます。

名古屋の結婚式場では車椅子の来場者であっても段差に配慮された設計になっているので安心して利用できます。