2017年9月26日

You are here:  / 予算がオーバーした場合は?結婚式のお金にまつわる疑問点

予算がオーバーした場合は?結婚式のお金にまつわる疑問点

どのくらいの貯金をしているのか

結婚式にはそれ相応のお金がかかってくるものですね。結婚式を開くときには、いろいろな人の援助が肝心になるものです。親や親戚から金銭的な援助を受けることもあるでしょう。しかし、結婚費用の少なくとも一部は新郎新婦が自分たちでお金をためて支払うというのが一般的です。だいたいどのカップルでも、結婚式の費用ねん出のためにお金をためているものですが、最低でも200万円くらいはどのカップルも結婚資金として貯金しているようですよ。

結婚式費用のいろいろ

結婚式の費用は、披露宴の規模だとか、特殊な演出などによっても変動してくるものです。とりわけ見積もりの金額がアップしやすいものとしては、ドレスアップの衣装だとか、料理のランクなどが多いです。ドレスや料理、それから会場の装花などは、「ここだけは豪華なものが良い」と考える新郎新婦が多いため、どうしても費用が増えてしまうところのようです。ただなんでもかんでもグレードアップさせてしまうと、費用が莫大なものになってしまうので、どうしても譲れないところだけというように、優先順位を決めておくと良いですよ。

予算をかなりオーバーしてしまったら

予定の予算から大きくオーバーしてしまうこともありますね。そういう場合はどのように見積もりを削っていけばよいのでしょうか。費用の増減に大きく影響してくるのが、お色直しの回数や、衣装代や小物の費用、ドレスの着付けやメイクアップの費用などです。予算をオーバーしてしまうような場合は、お色直しの回数を減らしてみたり、コーディネートをチェンジしてみたりなど工夫を凝らしてみましょう。まずは自分たちが何をやりたいかで決めていくと良いですよ。

結婚式場を東京で探すコツは今後の人生を幸せに過ごすきっかけとして最適な式場を探し、満足ができるように内容を比較して決めることです。